トップページ »  » アキュビュー(2ウィーク)の特徴

アキュビュー(2ウィーク)の特徴

老眼をはじめとする様々な目の症状にお悩みの方も多いと思います。

そんな時、役立つのがコンタクトレンズです。

現在では目の症状に合わせた様々なタイプのコンタクトレンズが販売されています。

特にコンタクトレンズで老眼用はお勧め

 

今回はその中の一つであるアキュビュー(2ウィーク)の特徴について書きだしてみようと思います。

アキュビュー(2ウィーク)は2週間交換終日装用ソフトコンタクトレンズです。

レンズの周辺中心部には厚みをつけ、逆にレンズのふちを薄くするデザインを採用しているため、目にやさしくフィットするだけでなくつけはずしも簡単です。

またコンタクトには裏、表が一目でわかるように123マークがついているため、コンタクトを使用し始めた方でも、正しい方法で装着することができます。

含水率58%高含水タイプのため、いつでも潤いのある状態を保つことができドライアイの方でも安心して使用できます。

 

夏になると、より紫外線も強くなります。

目から吸収した紫外線は、目に負担をかけ様々な眼病の原因になります。

アキュビュー(2ウィーク)は紫外線B波を約97%、A波を約81%カットする効果もあるため、目からの紫外線吸収を防ぐことができます。

 

コンタクトレンズはお手入れが面倒・・

そのようなイメージがありますが、アキュビュー(2ウィーク)は煮沸消毒も必要なく、お手入れも簡単なため忙しい方にも負担をかけません。

1箱6枚入りで販売されており、他社製品と比べてコスパもよいのが特徴です。